ギターメンテナンスの基本~|音楽教室アコードミュージックスクールは東京でギターレッスン!学生も社会人も大歓迎・安い・便利な音楽講師派遣!

2018/01/12
ロゴ入り画像2

 

みなさんこんにちは、アコードミュージックスクール代表の飯島です。

 

 

さて今回は、ギターメンテナンスの基本について書いていこと思います。

 

ギターのメンテナンスというと少し面倒なイメージがあるかもしれませんが、毎日ほんの少しのメンテナンスを行うことで圧倒的に使いやすくなります!

逆に、毎日のほんの少しのメンテナンスを怠ってしまうことでギターの操作性が大きく下がり、上達の妨げにつながることになります。

 

まず必要なものとして、

ギタークロス

ギターポリッシュ

ギター弦潤滑剤

ギターオイル

の4つは用意しておきましょう!

ギターをどこかに持っていく際は、一緒に持っていくようにするとなお良いですね!

 

 

実際にメンテナンス方法をご紹介していきます。

・ボディ、ネック、弦

ボディやネックや弦のメンテナンスは、練習で付着した手汗や水分を日常的に拭き取ることが重要です。

ボディとネックであれば練習後にギターポリッシュを、

弦は練習前と練習後に潤滑剤を使用していきます。

 

ボディとネックはポリッシュで全体を軽く拭き取る程度で大丈夫ですが、弦のメンテナンスは注意してください!

弦は練習前と練習後に潤滑剤を表面(指で押さえる側)と裏面(フレットが当たる側)を拭いていきます。その際、潤滑剤はギターに直接吹きかけずにクロスに吹きかけ、クロスの潤滑剤が付いた部分で拭いていきます。

 

弦のメンテナンスは少し面倒ですが、弦の寿命、使用感、ご自身の上達に直接関わってくることなので欠かさず行っていきましょう!

 

 

・指板、フレット

指板とフレットのメンテナンスについては、弦を交換するタイミング(1週間~2週間に1回程度)がおすすめです。弦をすべて取った状態でメンテナンスしていきます。

ギターオイルを使用し、オイルはギターに直接かけずにクロスにつけてから拭き取ります。もしフレット部分に錆が見られるようでしたら、金属磨き用のクロスや金属磨き粉も使用すると良いかもしれません。 

オイルには指板の乾燥やひび割れを防止する役割がありますので、入念に塗るようにしましょう!

 

 

以上になりますが、日々のメンテナンスはギターや弦の寿命を延ばすだけでなく、練習の効率を上げることにつながりますので毎日行うようにしましょう!

 

 

 

東京でギターレッスンなら、【アコードミュージックスクール】へ~学生も社会人も大歓迎~

 

東京でギターレッスンなら、安い・便利な音楽講師派遣の【アコードミュージックスクール】へお問い合わせ下さい。

ギターは、小さなお子様や学生の習い事、社会人の趣味として人気が高い楽器です。【アコードミュージックスクール】では、ギターやベースの基礎的な練習方法やテクニックをお教え致しております。

チューニングの仕方やメンテナンス方法など、ギターのことで分からない点がありましたら、どのようなことでもお気軽にご相談下さい。また、一人一人に合わせた音楽教本も別料金で作成しております。ご希望がありましたら、お気軽にお申し付け下さい。 

 

 

東京でギターレッスンを受けたい方へ~安いだけじゃない!現役講師による本格レッスン~

 

東京でギターレッスンを受けたい方は、【アコードミュージックスクール】へお問い合わせ下さい。アコースティックギター・エレキギター・クラシックギターなど様々な種類があるギターは、それぞれ奏でる音色が違います。様々な音色を奏でるギターの技術を上達させるためには、ギターの基礎的な知識を学ぶ必要があります。

【アコードミュージックスクール】では、初心者の方向けに、基礎的な知識や練習方法、ご自身が好きな曲で使われているテクニックやリズムを学ぶギターレッスンを開講しております。安い・現役講師による本格なマンツーマンの個人レッスンですので、ご自身のペースに合わせてテクニックやスキルを磨けます。

レンタル費用ご負担によるスタジオレッスン(東京・東京近郊のスタジオ)も可能です。 

 

ホームページに詳細を記載しておりますので、ぜひご覧下さい!